フジテレビ新人女子アナの冠番組「パン枠」は廃止?それとも続投?

ここ最近、ネットではフジテレビの新人アナがMCを務めてきたパン枠は「廃止説」が流れている反面、今年のパン枠は「宮司愛美アナで決定?」「小澤陽子アナで確定?」などの声も上がっている。はたしてどういう展開が待っているのか分からないが、自分なりの思いというか見解を立ててみた。

パン枠「廃止」との声については、フジテレビの深夜放送のパン枠が「エース候補」と目される歴代の新人アナが任されてきた『**パン』が、ついに廃止という噂で社内がもちきりとの情報もある。

事実かどうかは定かではないが、永島優美アナの『ユミパン』は視聴率1%台だった時期があったらしく、永島アナが「私のせいでは…」と思い詰めているのではと心配する声も同局内から聞こえてくるとと同時に、永島アナのせいではなく「時代が違う」というのもあるが、“もう番組は役目を終えた”というのが局内の見方との情報も流れている・・・。

ご存知、新人時代から多忙なスケジュールをこなしている永島優美アナは入社2年目ながら噛むことも少なく、機転も利くしアナウンサーとしての実力は申し分ないのだが、
ユミパンの視聴率が思わしくなかった影響もあってか一部の雑誌に「実力に人気がついてこない」と書かれて心を痛めているのでは?と同時にユミパンで「パン枠が終了」するとなれば永島アナは心を痛めるかもしれないので今年もつなげるあるいは今年パン枠を休めるのなら、その代わりにアナ★バン!やアナログなどのアナウンサー番組を復活させ、新人アナがMCを務める方向でつないでパン枠と並行でアナウンサー番組を来年以降続けるのも「あり」だと思う。

歴代パン枠の「担当者」といえば

  1. 千野志麻アナ=チノパン
  2. 高島彩アナ=アヤパン
  3. 生野陽子アナ=ショーパン
  4. 加藤綾子アナ=カトパン
  5. 松村未央アナ=ミオパン
  6. 山崎夕貴アナ=ヤマサキパン
  7. 三田友梨佳アナ=ミタパン
  8. 三上真奈アナ=ミタパン
  9. 永島優美アナ=ユミパン

と放送期間に間が空いた時期もあったが15年間の間、9代も続き「数が多すぎる」との声もあり今もチノパンとアヤパンを除く7人も現役で頑張っているからそう感じるのかもしれないし無理は無いだろう。

けれど、「新人アナをゲストとマンツーマンのトーク番組をこなしていき、回を重ねるごとに成長していくプロセス」としては悪くはないと思う。
初々しい新人アナらがMCやゲストとのトークをはじめ、成長していく過程を見守っていくのは、アイドルみたいにファンにとっては距離は近づけられなくても応援しがいはある程度はあるだろうし、フリーになった人は所属事務所とのからみもあって難しいかもしれないが「過去のパン枠」をフジテレビのオンデマンドで有料配信しても、アヤパン、カトパンあたりは十分の収益は見込めると思うしその他のパンも懐かしんで見る人は多数いると個人的には予想している。

はたして、パン枠は廃止されるのだろうか?と思いつつも今年の記念すべき10代目のパン枠は「宮内愛美アナで決定では?」「小澤陽子アナで確定では?」の声もあがっているのも事実だ。今年のキー局の新人アナはレベルが高かったため採用枠も多かった?上に粒ぞろいでハイレベルと評価されてるだけに、新人エースの座はどの局も高いレベルでの競争になるのは間違えないだろう!

宮司愛美アナは、学生時代に全国の大学、専門学校でサークル活動を行っている女子が対象となる”看板美女”の日本一を決定する『ミスサークル2010』でグランプリを獲得!
母校の早稲田大学のミスコン『Waseda Collection 2011』でも優勝とミスの肩書きも輝かしい足跡を残している。

フジテレビテレビに入社する前はユニクロのイメージガールとしても活動実績があり、「将来の女子アナ」と言われていたらしい。

まだ、宮司アナはほとんどテレビには出演していないが、4月10日に放送された『僕らの音楽』の最終回。
この日は「入社式2015スペシャルライブ」と題した企画が放送されて、新入社員のひとりとして紹介された彼女は何度も画面に登場しており、
その映像にユーザーたちは魅了された可能性が高い。

ネット上には「予想以上の可愛さ」「華があるな」「見ているだけで癒される」などのコメントが上がっていて。この番組中に宮司愛美アナは、さだまさし氏の『案山子』を聞いて涙を流しており、その純粋さに胸を打たれた視聴者も多少いそうな様子だ。

 

小澤陽子アナは、ミス慶応にも輝いた実績があり、身長167cmのスタイルを持ち、慶大の同級生であるタレントのトリンドル玲奈さん以上の美脚と囁かれていたらしい。
端正なルックスからは想像がつかないが、世界20か国以上を旅した行動力もあり、とんねるずのみなさんのおかげでした志望を堂々と公言し、「新人エース格の称号」?でもある深夜のトーク番組は「オザパン」で確定との声も挙がる。

名前が唯一パン枠候補の一人でありながら今現在ネットであまり出ていない新美有加アナは、自ら「女子アナにしては地味な顔ですよね」と謙遜しつつも、「白いご飯が大好き」と「庶民派」キャラでアピールしているが、はたして今現在まだ人気に火がついていない状態だがはたして新美アナが大逆転でパン枠に抜擢?はありえるのあろうか?

何はともあれ「フジテレビ27時間テレビ2015」のラストを飾る新人アナ恒例の提供読みで彼女らの勇姿や現行を読む姿が披露されるのが女子アナファンとして楽しみでならない。

最後になったが、パン枠が廃止でも続投でも、永島優美アナを「悪者にしないで欲しい」、し廃止となってもいつか形を変えて新人アナ恒例の番組の復活を期待したい。
続投となったら記念すべき10代目パンだけに今まで以上に選ばれたアナには諸先輩方から受け継いできたたすきを受け取って頑張ってほしいものだ!

コメントを残す

このページの先頭へ