加藤綾子(カトパン)アナはフリー転向?それともフジテレビ残留?

ここ数日、加藤綾子アナがフリー転向かフジテレビに残留かが注目を集めてその話が膨らんでいるのはご存知だろうか?

7月15日に、一部スポーツ紙で「カトパン、9月いっぱいでフジ退社…『めざまし』降板 フリー転身」などの記事が掲載された。

退社の理由?としては、昨年の10月27日の「めざましテレビ」放送中に体調不良で途中退席で、これがきっかけにフジテレビ側も加藤彩子アナ本人も仕事のペースを考えだした為か、特番で前ほど彼女が酷使されることは無くなったのは年末年始や3月や4月の特番をみても間違えないだろう。

これがきっかけで特定のアナを酷使するというフジテレビの「悲しき伝統」にピリオドが打たれ、局ももっといろんな局内のアナウンサーを起用してチャンスを平等にあたえ先輩後輩関係なく競い合わせてアナウンス技術を向上させてくれる事をねがってやまない限りだ。

関係者?によれば「自分の新しい可能性を探ってみたいという思いもあって、30歳になった今年、フリーになることを決断した」との事も書かれていた。

その記事の影響?でめざましのMCの後任は永島優美アナが、ホンマでっかなどのレギュラー番組は続投という事や所属先が王手プロダクションが接触しているとの噂や、高島彩さん、中野美奈子さんらが所属しているフジとセントフォースが共同出資しているフォニックスになるのでは?など推測されていた。

フジテレビもその記事を見て15日、徹底的に慰留する方針を打ち出したらしいとの事も書かれていた。
某スポーツ紙取材では、加藤アナが退社の意思を持ち、すでにプロダクションと接触しているらしく、フジテレビは今後、加藤アナと話し合いより実力を発揮しやすい環境を整える態勢を強化し退社阻止に全力を挙げていくとの事らしい。

フジテレビの亀山千広社長は定例会見で、「辞めるんだったら僕に一番最初に相談することを約束している」とし、退社の意向を受けた場合は自ら説得に乗り出す考えを明かした。退社について「いつかそんな時が来るかもしれません」とする一方で「その事実はありません」。

「10月1日に番組を見ていただければ、加藤はいつものように、フジテレビのアナウンサーとして座っていると思います」と断言した。レギュラー出演中の同番組の降板も「一切ありません」と明言。合わせて来年の退社も否定した(引用:日刊スポーツ)。
>加藤アナは報道があった15日朝、亀山社長にメールを送信。「社長が知る前に(報道が出て)大変申し訳ございません。自分が思い当たる節がないのに、何で出るのか、私が一番ビックリしてます」とつづられていたという(引用:日刊スポーツ)。

30代に入った看板アナが酷使が原因で「自由な時間」を求め退社=フリー転向=流出していった局の悲しい歴史を受け止め、カトパンだけは「阻止したい」という社を上げての執念なのか、それとも「退社しないで欲しい」との社長の願い!ではない?かという見方や、加藤アナの獲得を狙っている芸能事務所が記事を仕掛けたのでは?の噂もあり、事実はまだ分からない状況だ。

>仮に、加藤綾子アナが「フリー転向」となった場合は、近年、深刻な視聴率不振に陥っているフジテレビに追い打ちをかけるカトパンの退社報道だが、
>同局幹部はエース流出のダメージ以上に恐ろしい「ある可能性」を危惧しているらしい(引用:アサ芸プラス)。

>「彼女の退社は何度も噂になり、局内でも『いつかは仕方ない』といった空気でしたが、いざ辞める可能性が大きくなって、上層部が最も恐れているのが『他局の朝番組への移籍』です」(フジテレビ社員)(引用:アサ芸プラス)

>「めざましテレビ」のキャスターを務め、朝の顔として活躍してきたカトパンだけに、
>「他局からすでに朝番組出演のオファーがあったという噂も聞こえてきます『スッキリ!!』(日本テレビ)→「白熱ライブ ビビット」(TBS)に電撃移籍したテリー伊藤さんのようにな>るんじゃないか、と局内では話題ですね」とのことらしい(引用:アサ芸プラス)。

前々から、「加藤綾子アナの退社=フリー転向」は何度もささやかれていて、「好きな女子アナランキング」で二度のトップに輝いたカトパン「流出」は、フジテレビにとっても、フジテレビ女子アナファンにとっても大きな痛手だ・・・。

加藤綾子アナは自分自身の「今後の方針」についてもう決まっているのかは分からないが、出来ればフジテレビに残ってくれる事を願ってやまない!
個人的にはカトパンには若手アナを彼女の力で指導してアナウンス技術を向上させてぐんぐん引っ張って育成してくれることをすごく願っています。

コメントを残す

このページの先頭へ