大島由香里アナ「4/3~新報道2001」キャスターに就任!

 

大島由香里アナウンサーが4月3日からフジテレビ系”新報道2001”(日曜前7:30)のキャスターに就任が先月13日に決定!

今年の2月20日にフィギュアスケートの小塚崇彦選手と結婚後、初めて取材に応じた大島アナは、主婦としての新しい仕事に「公私で力になる。いてくれるだけで安心感があります」と話し、左手薬指に結婚指輪を輝かせた!。

4月1日で終了する「あしたのニュース」平日(月~金)の「夜の顔」から日曜の「朝の顔」に担当番組が移動し、生活シフトが若干ずれる事が予想されるが、新報道を出産のため卒業した吉田恵さんの後任として、須田哲夫アナと司会でコンビを組むことになる。

大島アナは新人の時夢列島の新人アナ恒例の原稿読みで、「朝の顔夜の顔と呼ばれるようなアナウンサーになりたい」と言っていたが、数年前に同期の生野陽子アナと2人で実現していた時は、生野アナがめざましテレビの「朝の顔」で大島アナがあしたのニュースの「夜の顔」だったが、4月は大島アナが新報道2001「朝の顔」、生野アナがみんなのニュース「夜(正確には夕方)の顔」と役割が奇遇にも変わることとなった。

大島アナは2007年入社(同期は生野陽子アナ、中村光宏アナ夫妻)の頃から、報道一筋で長野翼アナ(当時)、大島由香里アナ、椿原慶子アナで「報道3姉妹」と呼ばれるほど報道アナとしての適性や実力、報道に対する意欲をはじめ、知名度は折り紙付きだ!

番組ではゲスト出演する政治家らから重大発言が飛び出すこともあるだけに、「ニュースを伝えるだけでなく、ニュースが生まれる事も。責任を持って話をうかがい、人間味も引き出せれば」と気を引き締めている。

新婚してからの生活スタイルは、同じ年(同学年)でアナウンサーとしては1期先輩の本田朋子さんと立場はフリーアナと局アナで「違う」が、夫が拠点とする名古屋と、大島アナが自身が住む東京を行き来するという点では、若干被る所もあるが2人は同じ年で「期」が違うだけで実際に仲も良いので、本田さんと刺激しあってアナウンススキルを高めてくれる事を期待したい!

大島アナのオフは夫婦でランニングや、スケートリンクに行くことが楽しみらしい。
大島由香里アナいわく「私は大ざっぱな性格であちらは物事を論理的に考える人。違う生き物みたいですが、友達みたいな関係です」と笑顔。

子宝は「授かれば幸せ」と心待ちにし、「結婚を機にキャスターとしての視点が広がりそうです」と夫の存在を励みに“新天地”での活躍を誓っていた。
大島アナのさらなる活躍に心から期待します!

コメントを残す

このページの先頭へ