永島優美アナが月9ドラマ「ラヴソング(5/2)」に”美人すぎる”整備士役でデビュー 

4月2日からめざましテレビのMCの座を射止めた永島優美(ゆうみ)アナが「5月2日放送:第4話」のフジテレビ系ドラマ「ラヴソング」にゲストとして出演することが決定した!

このドラマは、主演の福山雅治さん演じる元プロミュージシャン兼企業カウンセラーの神代広平が、孤独を背負った女性(藤原さくら)と出会い、音楽を通し心を通わせて「失いかけた人生を取り戻す姿」を描くヒューマンストーリーとのこと。

永島優美アナが演じるのは、藤原さくらの同僚の整備士で神代のカウンセリングを受けに来る大瀬良(おおせら)役。

つなぎの作業着姿で顔には汚しのメークをしたが、「めざましテレビ」メインキャスターのさわやかな顔が保たれていたために”汚しメーク”を追加するハメに・・・。
「メガネ姿」も披露して、プロデューサーの草ヶ谷大輔氏によると「現場でも “美人すぎる整備士”と絶賛されていました」と語っていた。

 

初の連続ドラマ・月9出演となる永島アナは「母に電話で月9出演を報告したときに”あの福山雅治さんと共演だなんて、そんな夢のようなことがあるのねー!”と感激していて」と家族が喜んでいた事を伝えていた。

 

福山雅治氏との共演シーンもあることから、「“何度もNGを出してしまったらどうしよう…”と内心ドキドキしながら撮影に臨んだ」けど、「監督と福山さんが“ここはもうちょっとこうしてみたらさらに良くなるかも!”と、自ら実際に身振り手振りで優しく教えてくださったんです。なので本当にリラックスして役の大瀬良になりきることができました!」と充実した表情で撮影を振り返っていた。

永島アナは、普段とは違うつなぎの衣装は「さくらさんが着ていたものと一緒の制服だ!」と一人の視聴者と変わらない目線で興奮していたらしい。
 
着心地については「動きやすくて、着た瞬間に役のスイッチが入ったような気がしました」と、一気にドラマの世界の中に溶け込めたみたいだ。

アナウンサー(女子アナ)がドラマに出演する事も今となっては珍しくはないもの、永島アナを朝の顔としての活躍はもちろん、”フジテレビを代表するアナウンサーの一人”にしたいというフジテレビ社員やスタッフのみなさんの彼女を売りだそう(沢山の視聴者に知ってもらおう)という期待に答えられるよう頑張って欲しい!

コメントを残す

このページの先頭へ