加藤綾子アナフリー転向して1ヶ月目から大順調!

060101_174841

フジテレビアナを卒業しフリー転向して1ヶ月の日々がたった加藤綾子アナ。

大半どころかほとんどの人が局アナ時代から「フリー転向」すれば成功は間違えない!」と太鼓判を持つ程の高島彩さんに引けをとらないアナウンススキルを持っているのは言うまでもない。

ORICONSTYLEの「好きな女子アナランキング」では、日本テレビの水卜麻美アナに3連覇を阻まれ、その水卜アナが今現在首位=女王の座に座ってる。それでも全女王だった加藤アナは8,9回のランキングで「2年連続1位」輝くほどの実績をもっているし今も上位をキープしている。

それ故に年末年始の特番では気の毒な程酷使されている上、「自由な時間」を求めてフリー転向を局アナ時代考えていても、フジテレビや、亀山千広社長の立場だと「慰留」を強く求めるのは当然の流れだっただろう(慰留を求めるのなら酷使の改善位条件提示してくれたのかな?)。

加藤綾子アナはフリーになってからも、フジテレビ卒業する寸前に担当が決まったスポーツ情報番組「スポーツLIFEHERO’S」にも引き続き出演しているが、フジテレビ亀山千広社長も番組での活躍を評価をしているという。

それ以外の番組も
TVのレギュラーでは
・2009年10月~「ホンマでっか!?TV」
・2015年11月~「優しい人なら解ける クイズやさしいね」
とフジテレビを卒業してからも局アナ時代からの功績が認められ、かつ視聴率が計算でき仕切りがうまいアナウンサーとスタッフに「必要」と評価されてフリー転向後すんなりと引き継げた。

そして、加藤アナはフジテレビ在籍中のしごとがない日?に”フリー転向後”の撮影をやらないか?とオファーがあったらしいが、それもフジテレビと溝が出来ることを避けたいのでと「筋を通すため」に断ったとの噂もある。

カトパンに限らず、局アナがフリー転向してから、
「一定期間は所属していた局以外の他局や裏番組に出演しない」という”暗黙のルール”が実在している?かどうかは実際の所定かではない(翌日から他局で活躍するアナも多数いる。)と同時に、他局に一定期間出演しないのはアナウンサー本人の育ててもらった局への「恩義や思いやり」と考えているアナもいるのが現実だ。

おそらくCMのオファーも殺到は間違えなし!と言われているし、”双方の条件が合えば”というだけの「時間の問題」だ。

CMではフジテレビ以外でも写るかもしれないが、おそらくここ最近やっと他局に出演を解禁した高島彩さんのように数年間は「フジテレビに感謝の気持ち」を込めてフジテレビオンリーの出演になるのは濃厚だろう。

テレビ、CM以外では女性ファッション誌oggi(オッジ)でフジテレビOGアナだと中野美奈子さん以来の「連載」も立ち読みをしてみると今回がPart2と掲載されているいうことから決まった感じで今回は「仕事観」などを語っているので注目だ。

今現在は芸能事務所「ジャパンミュージックエンターティメント」に所属しているが、
アナウンサー内定が複数の局からきたのと同様、複数の事務所からオファーがあり、激しい争奪戦が行われた所がさすが「スーパー綾子」たる凄さだと思う。

どのアナウンサーでもフリー転向後一年目や他局出演が解禁となった一年目は御祝儀のようとは大げさだけど今まで以上に仕事のオファーが来る。ここで”使えるか使えないか”を「見極められる」事になり、「使える」と判断されれば本業以外でもオファーがかかるが、「使えない」と判断されれば、当分その関連の番組には呼ばれる事は無いという「ターニングポイント」になる(このターニングポイントはカトパンはクリアしている!)。

カトパンには既に日本テレビの「24時間テレビ」NHKの「紅白歌合戦」などのオファーも来ている?と一部の週刊誌が書いていたが今年は難しいだろうが数年後どうなるかも注目したい。

これからの加藤綾子アナの活躍を応援してきたいと思うが、フジテレビさんにとって「カトパン流出」はすごく大きな痛手だけどこれを教訓とし「特定のアナの酷使が無くなる事」をフジテレビ検討してくれる事を、女子アナファンのみならず、フジテレビファンなら誰もが願っていることに早くフジテレビ上層部が気が付いてくれる事を願ってます。

コメントを残す

このページの先頭へ