2016年フジテレビ27時間テレビのMCリレーに局アナがいないのは残念・・・。

今年のフジテレビのFNS27時間テレビ(7月23日)のMCは「リレー方式」で行われる事が発表された。

年に一度の局を上げてのイベントだけに、裏方さんやスタッフを総動員しての関係者しか「目に見えない」苦労はもちろん大変なものが毎年あるのは理解できるし、
当然、様々なジャンルのタレントさんや芸人さん、歌手のみなさんなどの力がないと番組が盛り上がらないのは承知のとおりだ。

けれど、MCにフジテレビの現役アナウンサーがが6/12日現在の状態で、男子アナからも、女子アナからも一人も抜擢がないのは非常に残念で仕方がない・・・

発表されているMCの中には、フジテレビOGの加藤綾子さん、高橋真麻さんの名前が発表されているのは往年の女子アナファンとしては嬉しいことであり、女子アナにMCを期待していたファンにとってはせめてもの「救い」だったかもしれない。

進行は佐野瑞樹アナ、永島優美アナ、宮司愛海アナの3人が決定し、若手の永島アナや宮司アナに取っては今後にとって「いい経験」が積めるのは確かだと思う。

それ以外のアナウンサーも不規則な時間帯に様々な中継先に行ったり、最新のニュースを伝えるために深夜や早朝に待機している人もいるし、系列局対抗のイベントに出演するアナウンサーも多数いるはずだし、新人アナは恒例のフィナーレの「提供読み=初鳴き」に向けて最後のラストスパートをかけてくるはずだ

私は27時間テレビのリレーをMCを芸人、タレントが務める事そのものは「反対」ではないしそれで視聴率が取れてみんなが楽しめるならば良いと思うし、抜擢されるMCの中で「人気」、「知名度」、「技量」がある人は当然、それに見合った当然高額なギャラが発生するのは当然だと思う。

だけど、局は大物MCに「大役を任せる」という事を上手く利用してそのアシスタントに現役の若手アナウンサーを起用して経験を積ますような方針は浮かばないのかな?と思うと寂しい限りだ・・・。

話は若干ずれるが、能力の高いフリーアナを番組で起用するときもどうして、若手アナとコンビを組ませて「若手に勉強」の場を与えスキルアップさせないのかなと思うことも時にはあって仕方がない。

最後になったが、今年の27時間テレビで、どの女子アナがどのような活躍を見せてくれるかに期待しているし、今後(出来れば今年からと言いたいけど無理だろうな・・・。)でいいので年に一度のこういう大きなチャンスこそアナウンサーのスキルアップする「きっかけ」となるよう局が動いてくれる事を願ってやまない。

コメントを残す

このページの先頭へ