宮澤智アナのめざましテレビアクアMC抜擢は「左遷」ではなく”チャンス”!

何故か、宮澤智アナの「めざましテレビアクアのMCに抜擢されたこと」を、フジの女子スポーツアナのエースが、「育成枠へ飛ばされた」等との声を聞くがそれは違うと思う。

確かにめざましテレビアクア(昔はめざにゅ~、めざまし天気)などの情報キャスターやお天気キャスターは新人アナや2、3年目アナの
アナウンサーの「登竜門=育成枠」なのは間違えない。

そして、めざにゅ~時代からそのままめざましテレビと出演をハシゴ=キャスター枠を兼任で頑張っている人が、ほぼ何年もの間入れ替わりでほぼ毎年いるのは両方見ている人は気が付いてるはずです。

話は戻り、めざにゅ~の頃から、情報キャスターやお天気キャスターと違いMCはある程度実績がある人(セントフォースだと勝慶子さん、伊藤由希子さん、杉崎美香さん)を軸に、フジテレビの新人女子アナやセントフォースの学生キャスターや若い人材を教育できるスキルの人が番組を仕切っていたような気がする。

当然フジテレビアナの抜擢もあり、過去「めざにゅ~」で新人時代天気キャスターや情報キャスターとして活躍していた戸部洋子アナや石本沙織アナ、遠藤玲子アナ、松尾翠アナらが数年後MCとして短い期間でありながら後輩アナをリードするする姿を見て「成長したもんだ」と喜んだ視聴者も多数いたと思うし、宮澤アナには「その順番が回ってきた!」という考えも出来るはず!

宮澤アナにとって先輩の立本慎吾アナが同じMCという立場でいるもの、情報番組MCを経験を積ませることで視野が広がる事はもちろん!のこと、
小野彩香さんや新人の堤礼実アナをリードやフォローする役割を期待されているのでは?と考えると育成枠ではなく年齢が少し若いアナウンサーを「育成する立場」へのステップアップと考えたほうがいいと思う。

いずれは堤礼実アナや鈴木唯アナ、今はめざましファミリーではない永尾亜子アナがめざましテレビアクアのMCという立場に抜擢されても不思議ではないと思うし、MCの経験を積ませる良いチャンスだと思う。

宮澤アナは不規則なシフトで大変だと思うが乗り切ってほしいし、めざましテレビアクアのMCで一皮向ける事を期待しているファンは多数いると思うので寒くなるけど頑張ってほしい!

コメントを残す

このページの先頭へ