2017年フジテレビ女性アナカレンダーに生野陽子アナがいない理由。

フジテレビ女性アナのアナカレを購入された方は気がついていると思うが、
何故か2008年入社以降の女子アナが全員才色兼備な着物姿で登場している!

なぜ、生野陽子アナが外れたの?とガックリした人は多数いると思うし、私は同じ福岡県民としては宮司愛美アナが選ばれて嬉しい思いもあったがショーパンがいないショックもあった。
ショーパンは、今現在「夕方の顔」を勤め、かっては「朝の顔」も勤めていただけに、ビックリした人も多数いたと思う。

今年の「お台場みんなの夢大陸」でも山崎夕貴アナ、三田友梨佳アナ、永島優美アナとみんなの夢大陸PR隊の4人しか選抜されてない人選にも既婚者で唯一選ばれている!

それだけに、私は2008年入社以降は「全員独身」ということで2007年入社組(生野陽子アナ、大島由香里アナ)は既婚者ということでそこでスタッフが「線」を引いたのだなと判断していたが「違う理由」だった。

その理由はカレンダーの撮影時期に、生野陽子アナはリオ五輪取材のからみで夏休みをずらして取っていたためにタイミングがあわず人選から外れてしまったそうだ。

フジでは入社が同期の場合は、「1人が入り1人が外れるということはまずない!」と局員がなんらかの取材で語っていた事から、
そのため、「巻き添え」を受ける形?で大島由香里アナも外れてしまった可能性も若干ある・・・。

話は変わって、来年の2017年のフジテレビ女性アナカレンダーを飾っている人は表紙をめくれば1月を椿原慶子アナがつとめていることから、
「局の顔」としての活躍はもちろん、昨年以上の期待も伺える!

椿原慶子アナは同期に今年フリーに転向した加藤綾子(カトパン)さんがいるのが彼女にとって「最大の不幸」とか言われる事がある。

加藤綾子さんのアナウンサーとしてのスキルは高島彩さんにも引けを取らないのは言うまでもないが、
椿原慶子アナの磨けば磨くほど輝きを増すアナウンススキルはとても素晴らしいし、彼女の報道に対する情熱などをキチンと評価されているからそう表現されていると思う。

椿原アナは、長野翼さん(現:ソフトバンクホークス内川聖一夫人)同様新人の頃から報道畑で活躍しており、言葉を噛み砕く能力や言葉を選び組み立てる力も秀でているし、実績も右肩上がりに上がっているので報道キャスターとしても信頼があついだけに今年の活躍も期待できそうだ。

最後になるが、女性アナカレンダーの人選についてだが、やるからには「若手のみ」とかではなく、
中堅アナやベテランアナの姿ももっと見たいと思う人も多数いるし、ベテラン女子アナの掲載を楽しみに期待している人だってたくさんいると思う。

できれば2009年度の中野美奈子アナ撮影のアナ★バン!カレンダーみたいに入社年度分け隔てない人選を今後は期待したい。

コメントを残す

このページの先頭へ