9月打ち切りとなったユアタイムのリニューアル後の番組にフジテレビアナ枠の増設を!

フジテレビの深夜の報道・情報番組のユアタイムが9月末での打ち切られ、リニューアルされる事が決まった!

昨年4月に大型報道番組?としてMCがショーン・マクアードル川上氏と進行役が市川紗椰さんでスタートする予定だったがショーン・マクアードル川上氏に経歴詐称問題が判明し番組スタート前に、急きょ降板したため序盤からつまづく事態が低迷のはじまりだったのかもしれない・・・。

その後、市川さんは報道キャスターでありながら特定企業のCMに出演した事も問題になりった影響もありフジテレビ局からの信頼は勝ち取れなかったようだった・・・。

「打ち切り→リニューアル」の原因は”視聴率の低迷”と言われているがそれ以外でも川上氏と市川さんの失態での番組のイメージダウンも後押ししてしまったかもしれない。

また、レギュラーで起用されたフジテレビ女子アナは2016年10月から竹内友佳アナだけという女子アナファン的には寂しく感じた・・・(;_;)。

編成やスケジュール調整の都合上もあっただろうがどうして竹内アナに最初から「経験を積ます」意味で起用しなかったのが残念といえば残念だ。

スポーツコーナーででは、田中大貴アナから中村光宏アナへバトンが受け継がれている状態で、二人の頑張りは分かっている。

だけど、プロ野球ニュースやすぽると!をこの時間帯に長年見続けていた影響かその時間帯に「女子アナ」が一人いてその女子アナの笑顔や美声に癒やされてその日を終える事!が日課となっていたのでどうして女子アナの出演ががスポーツコーナーにおいて2016年のリオデジャネイロオリンピックのトピックスの宮澤智アナ位で(代行での松村未央アナの出演はあり)のに寂しさも感じたのが正直な気持ちだ。

7月末現在では後番組について話し合いや調整が行われているそうで、フジテレビへ何名かのフリーアナウンサーやキャスターがこの時間帯の番組へ「売り込み」をしているとの情報も流れている。

はたしてどのようになるかは分からないが、外部の人間を使うと当然コストがかかる(それに見合うだけの視聴率が取れ局アナを育成してくれれば話は別だと思う)。
局アナは会社員だから給料は決まっているし、報道、スポーツ番組のキャスター携わりたいアナウンサーは沢山いると思う!

なので、新キャスターには「若手(中堅)男子アナとベテラン女子アナ」、「ベテラン女子アナ(他部署に行った田代尚子さんや木幡美子さんなど「実績がある人」を抜擢するのもいいと思う!)と若手(中堅)男子アナ」などでコンビを組ませて、先輩が後輩を指導しながら解説者やスタッフと共に長いスパンで若手や中堅アナが今後「報道の顔」になれるよう育てて欲しい。

スポーツコーナーでもできれば女子アナを毎日スタジオからの生放送で一人は必ず起用して(男子アナ+女子アナの起用でもOK)くれる事を凄く期待している人が多いと思う。

かってすぽると!で平井理央アナと本田朋子さんのように切磋琢磨させてスキルアップを競い合うような環境になればスポーツ女子アナ全体の底上げにもつながるわけだし。

最後になったけど、ユアタイムのリニューアル後の番組に一人でも多くのフジテレビ女子アナ(男子アナ)が抜擢され活躍の場が増えることを期待してます!

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ