すぽると!「2年連続」新人アナMC抜擢!

新人の内田嶺衣奈アナのすぽると!抜擢のスポーツニュースをみて、ついにすぽるとも「世代交代」かなと思った。

2001年4月からプロ野球ニュースがリニューアルされ生まれ変わった、すぽるとは三宅アナ(部長)とフジ女子アナの内田恭子アナ、梅津弥英子アナ、安藤幸代アナ(共同)の”すぽると3人娘(梅津アナ、安藤アナは2003年で卒業)”ではじまった。

すぽるとの内田アナ抜擢は”消去法”ではないかと女子アナファンの間では話題になったが、
すぽるとの前任のプロ野球ニュース2000を「当時」担当していた宇田麻衣子アナ、荒瀬詩織(石井琢朗夫人)、大橋マキアナが揃って退社したのでスポーツをこなせる若い女子アナがいないと局が判断したからだろうの・・・。

月水金土が内田アナ、火が梅津アナ、金が安藤アナというローテーションで、2003年から日曜も放送され、相沢礼子さんが担当となり、彼女らの活躍で徐々にすぽるとも浸透していく!

その当時はフジテレビでは番組宣伝の意味もあって、すぽると3人娘のそれぞれのテレカが販売されたりしていたが、今はフジでは”ほとんどと言っていいぐらい女子アナテレカが販売されていない”のが残念でならない・・・

2005年から週末は”念願のスポーツを担当したい”という夢がかなった中村仁美アナ”が渡辺和洋アナとのコンビで頑張るもたった一年”で降板し、高樹千佳子さんと交代となって高樹さんのことは嫌いじゃないが、中村仁美アナのすぽるとが楽しみだったので残念でならなかったことは今でも覚えている。

私事だが、中村仁美アナとは本当に短い間だったがすぽると!を担当していた頃何度か会話したこともあり、まる生でも私のことを覚えていてくれたので心から感謝していると同時に「思い出深い」人の一人だ。

その次の2006年”すぽるとの屋台裏!”を支えた内田恭子アナがすぽるとを卒業することになり、
2年目になったばかりの平井アナに「バトン」を渡すことにとなった。これがすぽると最初の世代交代だろう!

その翌年の2006年の10月からは「当時新人」の本田朋子アナが2003年〜金曜限定でキャスター(当時学生)を勤めた2004年以降「フジ社員」として週末に復帰する!

これからの数年間は平井アナと本田アナがすぽるとを支える女性アナとしては事実上の軸になった。
2008年〜は水曜がレディースデーとなったり、土曜日に国分編集長は二人が共演し、刺激しあって切磋琢磨する姿が印象的だった

そんな中、松村未央アナが2010年の火曜日から「週1回」出演する事となり、スタッフの信頼を勝ち取ってか2010年は日曜、2011年〜今現在は金曜を担当している。

松村アナは、帰国子女で語学力や外国人選手へのインタビューがスタッフの間で好評だったと、本田アナも語っていた位だし、いつも鮮度の高い笑顔に支えられているファンは多いはずだ。

松村アナはすぽるとでは「第3のアナ」の立ち位置?かも知れないが、平井アナや本田アナにまさるとも劣らない魅力のある彼女の存在は本当に大きいと思う。

ついに、すぽると「第2の世代交代」のはじまりになった平井アナが寿退社する2012年10月から当時新人の宮澤アナがそのバトンを受け取るまでは「平井アナ、本田アナの二人の軸+松村アナのプラス1の3人」でずっと「時代=世代」を支えてきたわけだ。

平井アナが寿退社して約1年後、本田アナも寿退社(10月からはフリー転向でフォニックスが濃厚?)
がのため、内田嶺衣奈アナが後任に決まり「すぽると」に2年連続で新人のアナウンサーが抜擢された!

まさにフレッシュな顔ぶれになるのは嬉しい反面、”世代交代”は寂しい物もある。

内田嶺衣奈アナ(どこかで浪人?)について調べてみると、宮澤智アナと同じ共に1990年の早生まれでフジテレビのアナウンサーとしては先輩後輩の関係があっても、同学年だけに”お互い刺激し合える”可能性は大だ。

スタッフもこの二人を「いい意味」で競い合わせてスキルアップさせてすぽると!のみならずフジテレビの看板娘と言われるまでに仕立てあげて欲しい!

この二人がすぽると第3世代を支える柱だけに、さらなる飛躍を期待したい!
そして、松村アナが週1枠で残留して曜日こそ少ないもの、アナウンサーの先輩として平井アナ、本田アナから培ったものを伝える伝道師としての活躍をしてくれる事を心から願っている。

頑張れすぽると女子アナ軍団!

コメントを残す

このページの先頭へ