フジテレビ新人アナの初レギュラーが深夜バラエティー「夜のアナウンサー研修」が6/5~放送決定!

2017年度新人アナ共通となる、初のレギュラー番組6/5~”関東ローカル”でスタートする。

今年の新人アナ

  • 安宅晃樹アナ(東京大学大学院)
  • 黒瀬翔生アナ(法政大学)
  • 海老原優香アナ(学習院大学)
  • 久慈暁子アナ(青山学院大学)

の4人が担当する番組名は「夜のアナウンサー研修」(月~金曜深夜1:25~1:30)で。かって放送されていた”パン枠”と比べても時間が短すぎて残念に思うけどそれでも深夜のアナウンサー番組が復活したことに意味があると思う。

今年から初の試み?かも知れないが新人アナ全員が共通の番組のレギュラーをもつ事で。新人アナが「有名人の楽屋を訪問し、”二人きり”という「逃げ場のない空間」を通して、インタビューなどの対応力を学ぶ」という番組の方針をきっかけに、同期4人が相談し合ったり、時には切磋琢磨する事で大きくステップアップできる環境が出来たのは大きなプラスになりそうだ。

初回の放送の担当となったのは”お台場の救世主”とよばれるほど局の期待度大で、日本テレビの内定を蹴った元ファッション雑誌(non-no)のモデルの経験もある久慈暁子アナだが、「インタビューをするつもりだが緊張してインタビューをされてしまった。」と有吉弘行への対応を反省仕切りだったらしいが、今後この失敗をどのように修正できるかの「対応力」も磨かれていくので、暖かい目で見守っていきたいと思う。

はたして、深夜枠の”新人アナレギュラー番組”が番組名が続くかどうかは分からないが、視聴率や評価が高ければ関東以外のローカル局で数週間遅れでも放送地域が増える可能性もあるし、全国放送も頑張り次第では夢ではないと思う。それだけに、番組名が変わっても「新人アナレギュラー枠」のバトンをを後輩に渡せるようなフレッシュな4人の奮闘に期待したいです。

コメントを残す

このページの先頭へ